みんなのシストレを使う上でのメリット、デメリット。

みんなのシストレを使う上でのメリット、デメリット。

 

 

こんばんは!

 

コミュニティオープンから3週間の時間が経ちましたが、

未だに止まる勢いを知らないのかと思うほど

有難いことにたくさんのご連絡を頂いております。

 

コミュニティの配信の方も遂に来週から再開していきます!

 

今回も引き続き皆さんのご要望にお応えして

FX取引での証券会社について僕が使用してみての感想を話していきます。

 

今回は『みんなのシストレ』についてお話ししていきます。

『みんなのシストレ』はトレイダーズ証券株式会社からでておりまして

サイトのトップには鈴木奈々さんが印象的なサイトでした。

こちらも

日本証券業協会

金融先物取引業協会

第二種金融商品取引業協会

日本投資顧問業協会

に加入していますね。

 

サポートに関しては365日24時間

三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行

りそな銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行

楽天銀行、住信SBI銀行 などなど

様々な銀行がダイレクト入金に対応しています。

 

取引についてもスマートフォンのアプリから

行えますので、いつでもどこでもできる上に

1,000通貨から取引ができるので、手軽にできると感じました。

 

それに、取引手数料やロスカット、口座開設、出金についても

手数料が無料ですので、その辺に関しましても

使いやすい証券会社だと思いました。

 

通知に関しましても取り引きツールにて、

取引通知や決済取引など通知がくるような設定も

できるので、そういう面でも

取引が行いやすいのではないかと感じました。

 

スプレッドの狭さやスワップポイントの高さについても

個人的には魅力を感じました。

 

他の証券会社と比べても大きく目立つ欠点がないということも

ある意味『みんなのシストレ』の良い点なのではないでしょうか?

 

しかし、約定後の損切り、利確価格の変更を行おうとしましたところ、

変更できる時と、「指定値が小さすぎる」や「指定値が大きすぎる」

などと出て変更ができないこともありました。

数値を変更しないで「変更」ボタンを押してもエラーになる時もあり、

キャンセルしかできませんでした。

バグが気になる時もありました。

あとは、朝方の取引時のスプレッドは広がりがちでした。

 

今回も色々な面から証券会社を使ってみて思った感想は、

・1,000通貨から取引をはじめていきたい人

・初心者向け

・スワップポイントを活用した取引をしていきたい人

・スプレッドの狭さ、取引コストを重視する人

 

そんな方々には、鈴木奈々さんが印象的な

『みんなのシストレ』はオススメ出来る証券会社だと思いました。