取引をする上で欠かせないローソク足について。

取引をする上で欠かせないローソク足について。

こんにちは

 

遂に配信の方がスタートしていきます!

しばらくFX取引における証券会社の紹介を

していましたが、

今回は配信が始まるに合わせて

取引をする上で欠かせない

ローソク足についてお話させて頂きます。

 

皆さんも知っていそうで知らない。

これを押さえておけば、更に勝率が上がる!

相場の流れが予測しやすくなる!

そんなローソク足についての攻略法をお話していきます。

 

誰もが知っているローソク足。

大きく分けて陽線と陰線。

陽線が上昇で陰線が下落。

これはもちろんご存知ですよね?

 

まずは陽線と陰線、どちらの

ローソク足にも共通するヒゲについて。

 

ヒゲとはローソク足の始値と終値の間の

実体から上下に伸びた線の部分を呼びます。

 

仮に、

陽線の場合は始値より安値をつけた部分、

もしくは終値より高値をつけた部分。

陰線はその逆で、

始値より高値をつけた部分、

もしくは終値より安値をつけた部分。

 

ヒゲに関しては、

付いた方向と逆の方向に

反転しやすい傾向にあります。

もし、陽線で実体の下にヒゲがある場合、

下から上に押し上げられているイメージ。

もし、陽線の実体の上にヒゲがある場合、

下に引っ張られているイメージですね。

 

ローソク足の見方と勝率が上がる

組み合わせについてお話します。

 

まずはローソク足の上昇サインのパターンについて。

 

一つ目は、三手大陰線といったものです。

下降相場において3本続けて大陰線が出現した時に

反転して上昇する確率が高いです。

ただし、上昇相場の高値圏で出現した時は、

そのまま下降の兆しなのでご注意下さい。

 

二つ目は、たくり線というものです。

大陰線の後に下ヒゲの長い陰線が出てくる形です。

大きく下降したが急反発をして

陰線の実体が小さく終わったものです。

下ヒゲが長いほど、反発の力は強いです。

 

三つ目は、ヤグラ底というものです。

下降の陰線の後に、上にも下にもいかない

横ばいが続いた後に大陽線が出てくる形です。

その大陽線に続いて上昇相場に転換していきます。

 

四つ目は、上昇途中の極線です。

上昇相場の途中に大陽線に続いて

十字線が出てきて、その後にまた

陽線が出てくると上昇に勢いが出てきます。

 

五つ目は、マド埋めというものです。

ローソク足とローソク足の間の隙間をマドと言います。

上昇相場での途中でマドが開いた後に、

相場が反転して、マドが開く前の値まで戻ったら、

更に上昇していく兆しがあります。

 

上昇相場に関しては、今回お話させて頂いた

ポイントさえ押さえてしまえば

取引のタイミングはもうバッチリです!