損益分岐点

損益分岐点

こんにちは

いつもご愛読の方ありがとうございます。

 

あっという間に12月半ばになり、

今年も残すところ半月となりましたね。

オリンピックも目の前まで迫ってきていて、

皆さんは、今年、やり残したことはありませんか?

 

年末に近ずくにつれ、重要な指標も増えてきますね!

指標が多かったり、相場が荒れている時なんかは、

取引をしないことが一番ですね。

利益は出せるかもしれませんが、

損失が出る可能性も大きいのであれば、

そのような時は取引を行わないことをオススメします。

 

取引を行う上で、損益分岐点というものを

意識していく子をがいいですね!

 

損益分岐点とは?

 

そんな

聞いたことはあるけど、詳しくは知らない

初めて聞いた!

という方の為に今回は『損益分岐点』について

お話しさせて頂こうかと思います。

 

『損益分岐点』とは、

FXでの取引だけに限らず、

バイナリーオプションなどでも

共通して言えることでありまして、

『損益分岐点』が分かっていないと、

どこから利益が出て、どこから損失を負うのかが

わかりません。

 

『損益分岐点』がわかると、

また新しい見方が出来てくると思います!

 

FXやバイナリーオプションなどの

投資だけに限らず、

実は、家計やお店、企業なんかでも

『損益分岐点』は存在します。

 

『損益分岐点』とは、利益と損失

共に¥0になる値のことを言います。

 

例えば、アメリカのドルと日本の円で

ポジションを保持している場合、

ドル高円安になり、『損益分岐点』よりも

上がれば利益になりますし、

下がれば損失になります。

そこの分け目、ラインのことを言います。

 

例えば、ドル円を1ドル110円で1万ドル購入します。

スワップポイントが1万円ついているとした時、

『損益分岐点』は109円となります。

通常ですと、ここでスプレッドや手数料がかかってきますが、

今回のこの説明ではスワップポイントのみを考えていきます。

 

『損益分岐点』が109円と分かれば、

109円以上になれば利益が出ます。

それと反対に109円以下になれば損失がでます。

 

『損益分岐点』は、自分で計算して、

取引を行う毎に把握しておきましょう!

 

為替の取引は一見上か下かの1/2の確率のように

思えますが、それでは利益を出し続けることは出来ません。

 

勝つ投資ではなくて、負けない投資を目標にしていきましょう。

 

負けなければ損失は出ません。

損失がなければプラスの収支で終われます。

 

よく勝てないことに悩む方がいますが、

一日一勝だけでも月で負けない方が余程良いです。

 

一日単位や勝ち負けの数を見るのではなくて、

月など先を見通しての利益を考えていきましょう!

Twitter;KISS ME

Instagram;trade_kii

公式ライン:http://nav.cx/a4ZNnmn