マーチンゲール法について。

 マーチンゲール法について。

こんにちは

 

日に日に寒くなっていき、

インフルエンザなんかも地域にっては

流行り出しているところもありますね。

 

今回は、聞いたことがある人が

多いのではないかと思う

『マーチンゲール法』についてお話させて頂きます!

 

ギャンブルなんかでも用いられる方法なので、

実際にやられたことがある人もいらっしゃることかと思います。

 

『マーチンゲール法』とは一体どんなものなのか?

 

これからお話させて頂きます。

 

『マーチンゲール法』とは、

勝負に負けたら、前回の倍額を賭けて

負け分を一気に取り返し

尚且つ、利益を出すといったやり方です。

 

今回のようなFXなどの投資に関しては、

取引で負けた同じ通貨ペア、同じエントリー方向、

次の時間足、倍額でエントリーします。

 

『マーチンゲール法』は負けた時のみにエントリー

をするものなので、いつでもエントリーをするわけではありません。

 

『マーチンゲール法』とは具体的に、

例えば、1回目のエントリー金額が¥10,000だとした場合、

1回目 ¥10,000エントリー

2回目 ¥20,000エントリー

3回目 ¥40,000エントリー

4回目 ¥80,000エントリー

といった感じです。

 

勝ったら最初の掛け金に戻します。やり方です。

 

これは何回負けても同じです。

 

一部カジノでは禁止されているような話もあるようでしたが、

実際に僕は聞いたことはありませんね。

 

しかし、もし、そのようなカジノがあるとしたら、

それは参加者を破産させない為のことだと思いますので、

良心的なカジノだと思います。

 

実際に3マーチンまででの勝率は96.8%という数字が

検証結果で出ていますが、

取り引きをしてみると、そんなことはありません。

 

数字としては、ボリンジャーバンドの3シグマ内に収まる確率98%と

いうものと同じような感じです。

 

確率の数字だけ見たら負けることが

ほとんどないくらいの数字ではありますが、

やってみるとそれだけでは根拠としては弱く、

損益分岐点的にはマイナス収支です。

 

取引の某証券会社では、『マーチンゲール法』

禁止している会社もありました。

 

ここまでの投稿を読んでいると、これは次から使える!

これでぼろ儲けだ!と思った方!

 

そんなあまい、簡単な話はありません。

 

そんな簡単に儲かっていたら、みんなやってます。

 

実は、一見簡単そうに見えて、それが落とし穴なんですよ!

 

唯一の欠点はリスクの高さです。

 

負け続けて、「取り返そう」「利益を出そう」と

マーチンを続けている間にどんどん視野が狭くなって

気づいた頃にはエントリー金額が大きくなっており、

負けた時です。

 

確かに、勝って負け分を回収して利益を出せる時もありますが、

それは単に運が良かっただけです。

 

それは投資ではありません

 

ただのギャンブルと同じです。

 

投資はしっかりと根拠をを揃えてエントリーしましょう。

 

今回の投稿を読んで頂けたら分かるかと思いますが

『マーチンゲール法』を用いることは

大変危険です。

資金力勝負なだけです。

 

僕はオススメはしません。

 

むしろ、僕のサロン参加者には

やらないようにお話しております。

 

いかに負けないか

どれだけ継続的に利益を出していくか

 

それが出来てこそ投資家です!

 

これの投稿を読んでくださった方の中で、

一人でも次の取引から

たった¥100でも、

1日でも長く、

利益を伸ばせた方がいてくれたら嬉しいです!

 

また次回の投稿をお楽しみに!